レディースキャッシングでお金を借りる

平成24年度の貸金業協会の調べではキャッシングを必要としている人のうち、77.7%が男性であるという報告がされています。
現在の消費者金融は以前「サラ金」と呼ばれていた時代に比べるとイメージもソフトになり、インターネットから申込みをすれば店舗へ行く必要のないことから女性の利用者が増える傾向にあります。
そんなニーズに応えるために、貸金業者側も「レディースキャッシング」といった女性専用のキャッシングを取り扱っているところも増えてきました。

 

[レディースキャッシングとは]

レディースキャッシングが一般の申込と違うところは、女性専用の回線があり、担当者はすべてが女性で女性の担当者が対応してくれるというものです。
しかし、女性専用だからと言って、限度額がアップしたり金利が低くなったりというような特別なサービスはありません。

 

[レディースキャッシングのメリット]

ではレディースキャッシングのどんなところにメリットが有るのかと言えば、申込時には家族構成や仕事の内容などプライベートなことも申告しなくてはならないので、なかには男性オペレーターだと話しにくいこともあります。
そんなとき、女性同士だとお金を借りるための相談など何でも話せるというような安心感があり、特に込み入った事情があるときも女性同士なら相談もしやすくなります。

 

また、在籍確認で申込者の勤務先や自宅に電話をかける在籍確認も、レディースキャッシングなら女性スタッフが個人名を名乗って電話をかけてくるので、会社の同僚や家族に変な詮索をされる心配がありません。

 

以前の消費者金融でお金を借りる方法は、カードの発行をしてもらうために店舗窓口へ行くか無人契約機へ行き申込をするので店舗に出入りするところを見られるのはあまりよいイメージはありませんが、今はインターネットからの申込みは24時間申込ができるので人に見られることもなく、都合のつく時間に会社の休憩時間や自宅に帰ってからでも申込ができるので女性でも安心してキャッシングが利用できます。

返済が遅れると発生する遅延損害金

返済日に返済をする、それが消費者金融で契約をするときの最低限のルールです。
そのルールを守れなかった時には遅延損害金を支払わなくてはなりません。

 

返済日から遅れるとその翌日から遅延損害金利が発生します。
文字通り、返済が遅れた際の損害賠償金です。
借りた金額に利息が加わり、返済が遅れるとさらに遅延損害金がかかります。
消費者金融での借り入れの場合、利息制限法によって決められた遅延損害金利は上限が20.0%です。
多くの消費者金融が遅延損害金利を20.0%としています。
利息と同じようにして遅延損害金が加算されています。
遅れれば遅れるほどに支払わなくてはならない金額が大きくなり支払うことが困難になるでしょう。
だからこそ返済日には返済をする、そのルールを守っておきたいところですが返済期間が長くなるとどうしても返済ができないという状況が発生しないとも言い切れません。
例えば収入がいつまでも一定であるとも限りません。
また急な病気やけがで大きな出費があるかもしれません。
返済が長くなればそれだけ先の見通しがつかなくなるものです。

 

もし返済が遅れることが分かったときには消費者金融に事前に連絡をしましょう。
返済日以前に連絡をすることで多くの消費者金融では返済日の変更が可能です。
その後毎月の返済日を変更するのではなく、その月の返済日だけを変更するということです。
アコムやプロミスでは返済日の変更に対応をしています。
遅延損害金は発生するものの、信用は少なくとも保ち続けることができます。
数日の遅れであっても無断で返済が遅れることは利用者側にとってはうっかり程度の忘れであっても消費者金融にしてみればどうでしょうか。
何の連絡もなく返済が行われない期間、それは放棄したと判断されてもおかしくはありません。
確実な返済を基本としておきながらもどうしても返済ができない時遅れるときには必ず連絡をしましょう。

 

もしも数日程度のうっかり忘れが頻発するようであれば消費者金融の会員サービスである返済日お知らせメールなどを活用することも方法の一つです。